FC2ブログ

いっしょにごはん。

思うがまま食欲酒欲に生きるダメ主婦と、その相棒、可愛いウサのおいしい毎日。 さ、いっしょに食べよ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

四十九日法要、終了。

お久しぶりです。

父の件では沢山のお気遣い、本当にありがとうございました<(_ _)>
大型台風が接近する中、なんとか四十九日も終えました。

人が亡くなるということは
こんなにも壮絶で、こんなにもあっけなく
遺族は悲しみに浸る間もないほど大量の仕事があるんだなぁ、とつくづく感じました。

後は、10月に百日法要があって、それが終わったら喪中ハガキも準備しなくちゃ。
そんなこんなで今年が終わるんだろうな。


気落ちは・・・正直、思ったほどはしていません。
一緒に暮らしていなかったから実感が沸かないのかとも思ったけれど
妹たちも母もそう見えるので
結局のところ、入院中の苦しんでいる姿を見続けるよりは
自分たちの心が楽なんだろうな、と。
落ち着いた頃にふと、居ないことを実感してさみしくなるんでしょうね。
(そうは言っても、こう書いてると涙はあふれますが)

この間に、小羽さんが体調を崩したり(←これについてはまた詳しく書きます。今は元気いっぱい!)
妹①宅のにゃんずが病気になったり(←現在療養中。早く元気になぁれ!)と、色々慌しく。
そんな疲れが出たのか毎日非常にだるい。
便Pや肩こりといった従来のものもいつもよりひどい上に
熟睡できない、偏頭痛、微熱が続く・・・などなど。
仕事はなんとかこなしてますが、他は何もやる気が出ない。
ようやく、ごはんをちゃんと作る気持ちにはなって来たけど。

これまた妹たちも母も同様で、毎週誰かが体調不良になってる。
相棒も朝起きるのが辛そう。

4月の父の入院からほぼ休みなしの状態だったから、まぁ無理もないか。
あの日からまだ4ヶ月ちょっと。
もう一年以上経ったような気分なのに。


食欲が戻ったら連れて行こうと思っていた中華料理屋さん。
その前を通るたびに、なんだか胸が詰まって
小さい後悔のようなものがチクリと刺さるけれど
それらは全て、私の、私だけの感情。
似たような思いをしている誰かがいたとしても、それを一緒に嘆いたところで軽くなるわけではないから。

写真に手を合わせて、何かが薄れるのを待つ。



にほんブログ村 ←お父さん、またね。

スポンサーサイト

ジャンル : 日記
テーマ : ひとりごとのようなもの

[ 2016/09/02 12:30 ] つれづれ | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。